2013年5月

平成24年4月24日 浜風商店街による宮城県被災地復興商店街視察研修が行われました

2013-05-09

浜風商店街の商店主たちによる宮城県石巻市と塩釜市の復興商店街と被災地区視察研修が行われました。

 

震災より、2年余経つ今日、一部では復興商店街の客足の減少が報じられています。

被災地との距離、そして経過する時間に比例して記憶が風化していくことは当事者の我々も脅威に感じているところではあります。

しかし復興に向けて我々と志を同じく頑張る宮城県の皆さんにお会いできたことで心から励まされ、今後の課題も学べる貴重な経験となりました。

 

さて、雨の予報を気にしつつ、浜風商店街を6時に出発し、まず始めに伺ったのはTMO㈱街づくりまんぼうが運営する「石巻まちなか復興マルシェ」です。

隣接する石ノ森章太郎氏の「石ノ森萬画館」も同社が運営しており、商店街内にも仮面ライダーにまつわるオブジェなどが随処に建っています。

しみん市場を始め7店が出店しており、マルシェ出店者会長色川さんに説明ご対応をいただきました。

 

 

次に伺ったのは「石巻立町復興ふれあい商店街」です。マルシェからも近い、従前商店街の中に建つ商店街では21店舗が事業を営んでいました。

ご説明には石巻商工会議所さんと商店街会長の梅さんにご対応いただきました。

そして石巻では多くの生徒と教師が犠牲となった大川小とその近辺も視察し、あらためて想像を絶する地震と津波の被害の大きさを痛感しました。

 

 

そして最後に向かったのはマリンゲート塩釜で有名な塩釜港そばに建つ、「しおがま・みなと復興市場」です。あいにく商店街代表の佐藤鮮魚商店佐藤さんはご不在でしたが、各商店の皆様に暖かく出迎えて頂き、久之浜と同じ港町の活気にあふれた笑顔に触れることが出来ました。

まだ先行きの見えない久之浜の漁港の現状ですが、あらためて、かつての久之浜漁港の賑わいを取り戻すことを願わずにはいられませんでした。

 

 

今回の視察研修ではあらためて被災地における復興商店街の課題、そしてより良いまちづくりのために努力していかねばならない事をたしかめることができました。

 

まだまだ復興の半ばですが、今後もより良い商店街づくりのために、他被災地の皆さんと共に

頑張っていきたいと思います。

 

ご対応いただきました商店街の皆様、大変お世話になりました。

ありがとうございました。



Copyright© 2012 浜風商店街 – 久之浜町商工会 All Rights Reserved.